下の写真は73歳女性の 下の歯のモケイです

横から見た写真です

(治療前)

治療前

前歯と奥歯に高さの違いがあるのがわかります

(治療後)

治療後

下の歯の大部分は、取り外し式の装置を使うことで段差を解消しました。
ワイヤーを全部の歯には使わずに、部分的なものを2ヶ月間使っただけです。

下の前歯が上に伸び出ていたのを、下方に引っ込める必要がありました。
前歯と奥歯の段差をなくすために要した期間は、約6ヶ月でした。
外科的な処置はしていませんが、段差がなくなっているのが分かります。今度は 同じ方の口の中を上から見た写真です。

治療前

(治療前)
治療後

(治療後)

U字の右下部分が角ばっています。U字の部分がなめらかなカーブになりました。

矯正治療においては何らかの器具を使うことがほとんどであり、特にワイヤー治療においては治療のリスクとして、歯磨きが一時的にしづらくなるために、虫歯のリスクがUPします。

そのために、患者さんは日頃のブラッシングに注意する必要があります。
拡大床を使用する場合は、一時的に発音しにくくなる場合がありますので、積極的な発声練習が必要になる場合があります。

夜用マウスピースを使用する場合は、最初は唾をうまく飲み込めないというケースがありますので、その場合は積極的な舌の筋機能訓練を必要とします。


個々の患者様の状態により結果が異なる場合があります。

矯正料金についてはこちらのページへ⇒

医院への質問・問い合わせは

TEL:092-892-5577