6歳の男の子です。左の1番目の上下の重なりが逆転してしまっています。

他のところで「アイスのヘラで押してください。様子を見ましょう」と言われたものの、そこではいっこうに改善しなかったそうです。

その後、大原歯科を受診されました。次の写真が初診時のものです。

左の1番目の上下の重なりが逆転

眠る時に使うマウスピースを1か月がんばっただけで、左1番目の歯の上下逆転が治りました。

今は定期検診です。

左1番目の歯の上下逆転が治りました

矯正治療においては何らかの器具を使うことがほとんどであり、特にワイヤー治療においては治療のリスクとして、歯磨きが一時的にしづらくなるために、虫歯のリスクがUPします。

そのために、患者さんは日頃のブラッシングに注意する必要があります。
拡大床を使用する場合は、一時的に発音しにくくなる場合がありますので、積極的な発声練習が必要になる場合があります。

夜用マウスピースを使用する場合は、最初は唾をうまく飲み込めないというケースがありますので、その場合は積極的な舌の筋機能訓練を必要とします。


 

個々の患者様の状態により結果が異なる場合があります。

矯正料金についてはこちらのページへ⇒

医院への質問・問い合わせは
TEL:092-892-5577