私が良いと思うのは、次のようなパターンです。

「小学校6年生までに右の6歳永久歯から左の6歳永久歯まで間の全ての永久歯を整えて、小学校卒業までには少なくとも上下前歯にはワイヤーのない状態にして、中学校では12歳以降に生えてくる上下左右の7番目の歯(6歳永久歯の後ろ)がしっかり生えそろうように管理する。」

平均して小学校6年くらいには、乳歯は全て抜けるのですが、その頃には全部の永久歯が整っていた方が患者さんも楽です。

この写真は、小学校2年生の女の子の写真です

過剰な歯が上顎に2本埋まっていたり、態癖で歯並びがとても狭くなっていて、右上の2番目が生えるスペースが全くありません。拡大床でまず顎の基礎を作って、良いタイミングからワイヤーに切り替えました。

小学校2年生の女の子の写真

次の写真は同じ患者さんの小学校6年生の時の写真です

小学校卒業式には前歯のワイヤーはない状態です。

現在中学校1年生ですが、6歳永久歯の後ろの7番目の歯が斜めに生えてきているので、奥歯だけのワイヤーで7番目の歯の傾きを修正しています。

同じ患者さんの小学校6年生の時の写真

上の写真のように、12歳の頃に生えてくる7番目の歯があなどれないのです。この7番目の歯が斜めに生えてくることが少なくないのです。12歳の頃は、親に口の中をなかなか見せてくれない年頃でもあります。(6歳永久歯が一番後ろの頃は、虫歯があるかどうかを親御さんの多くは把握していますが、12歳の頃に生えてくる7番目の歯が虫歯になっているかどうかを把握している親御さんを見たことがありません。それほど、12歳というのは もうお口の中を見せない年頃なのです。)

患者さんからすれば、小学校6年の段階で、「上下の右の6歳永久歯から左の6歳永久歯まできれいに並んだ!矯正終わりだ!」と喜ぶお気持ちもよく分かるのですが、ところがどっこい、6歳永久歯の後ろに生えてくる7番目の歯が斜めに生えてくることがあり、そこまでを中学校の間に管理・処置する必要があります。

それを放置した場合は、大人になって咬み合せで苦労するでしょう(ご来院された人にはいつも模型を見てもらいながら詳しく説明しています)。

小学校低学年くらいから始めた多くの人は、小学校6年卒業までには少なくとも上下前歯のワイヤーが外れ、中学校になったら後は7番目の歯を調整するだけ(これが一番 患者さんも楽)になります(まれにその他の永久歯の萌出異常によって、そうならない場合もあります)。上下左右の7番目の歯がしっかり生え揃ったら処置は一段落で、後は定期検診。

小学校5年くらいから始めた場合は、スタートの状態によっても異なりますが、中学校に入ってもまだ前歯にワイヤーをつけているパターンが多いです。

▲矯正治療のTOPへ