お子さんの虫歯について、フッ素やシーラントなどを用いて予防されているお母様は多いです。

勉強についても、お子さんが小さなうちから真剣に取り組んでおられる方もたくさんいます。

では、歯並びについてはどうでしょう。

フッ素やシーラントについては、どの歯科医院でも、だいたい考え方が同じですから、皆さんは安心して積極的に予防に力を入れていると思います。

しかし、歯並びについての考え方は歯科医師によって意見が違うためどうしたら良いのか、迷われている方も多いと思います。

私は歯並びについても、早期に積極的に取り組む方がお子さんのためだと考えます。小学校2年生までには一度相談されることをお勧めします。

(高学年や中学生でも歯並びを改善できますが、勉強や部活などでかなり忙しくなり、なかなか時間がとれなくなります。)

今は矯正の装置も便利なものが開発されています。

早期で、軽症の段階ならば、学校に付けて行かなくても良い簡単な道具も開発されています。

特に受け口については、画期的な道具が開発されています。