大原歯科では一貫して、皆さんのことを「患者さん」と呼んでいます。

「患者様」とは呼んでいません。

この表現が流行りだした当初から、気持ち悪くて仕方がありませんでした。

治療に喜んでもらえて、コミュニケーションがとれて、それでお互いに満足するのが一番です。

その中で、「患者様」という表現は不必要に思えます。そんな表現にはエネルギーを注ぎたくありません。

患者さんがお困りのことは何であるのか?それを解決するにはどうすればよいのか?患者さんのQ.O.L.

を向上させるためにはどうすればよいのか?何を勉強して深めていけばいいのか?そのことに全エネルギーを注ぎたいです。とても「患者様」と言っている暇はありません。

このことはかなり以前にも記事にしたのですが、編集で途中からこの記事を削除しました。

しかし、他の歯科のホームページでも、「患者様」という表現に異議を唱える記事を発見したので、このことについて再度 掲載しました。