福岡市西区で子供の歯ならび・矯正の大原歯科・矯正歯科医院は福岡銀行野方店、ダイソー壱岐団地店の近く
投稿
  • HOME »
  • 診療哲学

診療哲学

歯について思うこと

「毎日手入れが必要な歯」

説明風景

「歯は飾りではなく、ハサミや包丁のように毎日使うもの。

目減りもするし、かけたりもする。 だから手入れが必要。」です。

もちろん、見た目(審美)も大事ですが、それより先に歯の機能を大事にしないといけません。

ほとんどの治療において、機能が健全な状態になったら、自然に美がそこそこついてくる、というのが私の今までの実感です。

■治療するよりも先に、考えてください

いるいぬ.gif歯のない部分がある場合、ブリッジか、義歯か、インプラントかなどを考える前に、 なぜその歯を失い、インプラントや義歯などの治療が必要になるかを考えてみてください。

それには、バイ菌の影響だけが関係するのではなく、上下の歯のかみ合う形や、体の癖などの生活習慣が深く関ります。

矯正治療においては 「 どうして、こういう歯並びになっているのか? 」

という原因をきちんと考えないと、矯正の装置で歯を一生懸命に動かして、いったんきれいにしてもまた、歯並びは悪くなります。

「装置は何を使うのか?」

「抜歯をするのか、しないのか?」 ということよりも

なぜ歯並びが悪くなったのか、考えることが大事なのです。

成長期にしかできないことがあります。

早い時期にそれに気付き、実践することが子どもにとって、プラスになります。

さらに体の中の力がアップすることにもつながります。。。。

歯を失った原因を考えないと、ブリッジをしようが、義歯をしようが、インプラントをしようが、いかなる治療をしようとも、いつかは壊れてしまいます。

なぜなら、考えなければ、悪くなる原因が残ったままだからです。

例えば、家全体がだんだん歪んできていることによる雨漏りに対して、原因を考えずに雨漏り部分だけ修理しても、再び雨漏りがするのと同じです。

そうなった原因・背景を推察することが、とても大事です。

■木を見て森を見ず。メリットとデメリットを天秤に

いるさる.gif最近、MI(Minimal Intervention )という言葉が見受けられるようになりました。 最小限の侵襲により、最大の治療効果を得ることです。

確かに、歯をあまり削らずに済むにこしたことはないです。

私も歯を削る音は好きではありません。

「歯をあまり削らない」が歯科治療において大事なのではありません。

「治す」が目的です。

歯科医師の視点から診て、

「この奥歯の上下の咬み合いでは、将来、歯が割れるか、グラグラして歯を失う。

少し咬み合わせを削れば、無理な力が避けられ、歯の寿命が延びる可能性が高い」

と判断している時に、歯をけずることもあります。

このケースでは、咬み合わせのよくない歯を少し削ることで歯を失わないように予防することが MI(最小限の侵襲により、最大の治療効果を得ること)です。

トータルでバランスを考え、メリット・デメリットを天秤にかけ、その時の技術でベストな選択をするというのが良いですね。

■「予防する。治す。安定させる。」ことを大切に考えています

おおはら歯科・矯正歯科のテーマは、「治して、安定させる」です。
治して、安定させるために必要なものはいろいろあります。

  • 症状が生じた原因・背景・ストーリーをしっかり見極めること
  • 患者さんが努力すること、医療者がなすべきことを明確にすること
  • 患者さんと医療者(スタッフを含む)が治すために、同じ方向をしっかり見つめ、1歩1歩、進むこと(治すことはマラソンに似ています)

まず、機能的に長期安定していることが、「治っている」目安です。

いるねこ.gif治すために、基本的虫歯治療、根の治療矯正治療歯周病治療、被せ治療、入れ歯(義歯)治療、インプラント治療などの様々な治療があります。
「治して、安定させる」という目的のために、様々な治療オプションがあるのです。
目的は昔から同じで、治療オプションは時代とともに変わっていきます。

できる限りの滅菌・消毒により、安全に治療するようにする環境を整えることは、これらを支えることにつながります。

根管治療へ>>


■いろんな治療も大事です。入れ歯も大事です。

いろいろな治療技術があることはとても大事です。

インプラントも多くの患者さんを救う大事な治療です。

それと同時に、入れ歯(義歯)やブリッジなど、長い歴史を持つ治療技術も大切にしていかなければなりません。

全身疾患等のため条件が合わないために、インプラントがしたくてもできない人にとって、入れ歯の技術がなくなってしまっては大変です。

入れ歯も大切です。

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を削るというデメリットはあるものの、そのデメリットをはるかに超えるメリットがあれば、患者さんのためになります。

大切なのは悪くなった原因をしっかり見極めること、メリット・デメリットを天秤にかけて、各患者さんにとって、最も良い選択肢を提案することです。

そうすることで、歯は必ず長持ちします。

インプラント治療>>

 

無事が何より、長持ちが何より

おおはら歯科に定期健診で来院される患者さんに 「調子はどうですか?」 いるいぬ.gif

と尋ねます。
すると ほとんどの患者さんは 「問題ありません。大丈夫です。」

と答えてくれます。 とてもうれしいですね。

一度作ったお口元の平和が、いつまでも無事であることが何よりです。

長持ちが何よりですね。

平和・無事のありがたさは、なくなった時によく分かります。

21世紀です。もう、虫歯の時代じゃないんです!!

大原歯科では虫歯治療をする時、虫歯検知液(カリエスディテクター)を繰り返し使い、虫歯部分をキレイに取り除きます。そのおかげで、開業以来10年間、定期健診を受診されている患者さんで、治療部分が新たに虫歯になった人はいません。

このように、基本的な事をしっかり踏まえて治療すれば、虫歯はとても高い確率で再発しません。つまり、虫歯治療の基本的な方法や、虫歯の予防方法はすでに確立済みであり、これから新たに生まれる技術は、車で例えるとマイナーチェンジのようなものだと考えます。基本的なことをしっかり踏まえなければ、目新しい技術でもその部位は再度悪くなることでしょう。 単純に大切なポイントを抑えていないだけの話なのです。

今の車が性能が良すぎて故障が極端に少ないのと同じくらいに、基本ポイントをしっかり抑えて一度キッチリ虫歯を治療したら、その詰め物の下の部分はそう簡単には虫歯にならないのです(注:銀歯をくっつけているセメントが15年くらいして溶け出すことで、部分的に虫歯が発生する場合はあります。そのようなケースも定期健診により、早めに発見でき、早めに対処できます)。

虫歯を治すための目新しい技術を開発していくことも確かに大事です。しかし、それ以前の技術でも十二分に対応可能であり、まず基本的なことをしっかりする必要があります。

また、内科的な病気も時代とともに様変わりしました。例えると、昔は脳出血(血管が破れる病気)が多かったのですが、今では脳出血は少なくなり、脳梗塞(血管が詰まる病気)が多くなったように、時代の移り変わりとともに、病気の種類も変化していきます。

これはお口の中でも同じです。確かに1970年代などは虫歯の洪水状態だったのですが、今では 歯科においても病気の種類が変わってきているのです。

大原歯科ではエネルギーを注ぐポイントが一味違います。

虫歯にならないために  も是非見てね

バランスの良い考え方が好きです。

私は偏った考え方があまり好きではなく、「予防する、治す、安定させる」を目指すと、おのずとバランスの良い考え方が最も良いという結論になると思えます。

バランスとか、調和というコンセプトに行き着きます。

様々な治療方法は確かに大事です。それぞれの治療方法は、お困りである患者さんの状況を改善するための大切な一手段です。

しかし、ある一つだけの技術で全てが解決するはずはなく、やはりそれは「一つの手段」に過ぎません。「一つの手段」が万能ではありません。

私は開業以来、定期健診をまじめに受けられている患者さんが、再びお困りの状況にならないためには何が大切かを、患者さんとともに一生懸命に考えてきました。その結果、大切な全体像や様々なポイントが見えてきました。患者さんとともに大切な答えを見つけてきたのです。

ある一つの手段が目的ではありません。「予防し、治し、長期安定させる。」が目的です。

その目的を達成しようとする際、一つの目新しい手段だけでは解決しません。

お口は命の入り口

大まかに言うと、お口の中は様々な菌に攻撃されやすく、食品の酸や口呼吸による乾燥や様々な力が交差するような、とても過酷な場所です。

なので、注意を怠ると、とても悪くなりやすい部分なのです。

患者さんは、そのような環境であるお口と一生をともにします。

そして、お口というのは極めて重要な場所で、進化の過程を考えても、ほぼ直接的に免疫力とも深く関ります。

(お口がしっかり機能しないと、それ以降の腸はうまく動きません。

お口より先、ずっとつながっているのです。

お口が船頭のようなものです。

そして小腸のヒダには全身の約6割の免疫細胞があります。

入院して、食事ができなく、点滴などで栄養を補給されたご経験のある方は、実感されているのではないでしょうか。

口でしっかり食べないことにより、小腸のヒダが萎縮してしまいます。

そうすると免疫細胞の数も激減します。

こうやっていろいろ考えていくと、お口というのは生命の入り口というように、思えてきますね。)

しかし、多くの方は、ある程度お困りになる状況になるまで、その大切さに気付きません。

そのような大切な部分が悪くなってしまわないように、予防し、悪くなってから来院された方も、一つずつ積み上げるように回復し、良くなった状態を長く維持してもらうようにしています。

「なぜ悪くなっているのか、どうすれば予防できるか、どうすれば良い回復につながるのか、どうすれば良い状態を長期維持できるのか」

これを私は毎日、考え、調べ、発想し、進化していきます。

PAGETOP